Click here to return to the Mobile Version Mobile version

豪華ホテルシンガポール - グッドウッド・パーク・ホテルの歴史

歴史

グッドウッド・パーク・ホテルの歴史 - シンガポールの豪華な遺産ホテル

プールサイドスイート

グッドウッド・パーク・ホテルは、豪華さと上質なサービスの歴史を有するシンガポールの高級ホテルです。シンガポール在住のドイツ人コミュニティの社交クラブ「チュートニアクラブ」として 1900 年に開業しました。

英国のリッチモンド公とゴードン公の住居であった時を経て、1918 年に、ユダヤ人のマナッセ家の 3 人兄弟が買い取り、グッドウッド・ホールと改名しました。グッドウッド・ホールは 1922 年にレストラン・カフェ・エンターテイメント施設として使用されました。その年のハイライトの 1 つとしては、世界最高のバレリーナであるアンナ・パブロワの公演が挙げられます。

1929 年、マナッセ家はグッドウッド・ホールを、マラヤからの出張ビジネスマンに対応するグッドウッド・パーク・ホテルと改めました。ホテルは、1930 年代後期には最も広く知られるホテルに数えられるようになりました。この時期の著名な宿泊客としては英国のウィンザー公およびプリンス・オブ・ウェールズが挙げられます。

1941 年には第二次世界大戦はシンガポール沿岸まで広がりました。グッドウッド・パーク・ホテルは、日本がシンガポールを占領していた 3 年間は日本軍の高官の宿泊施設として、大戦終了後は、英国の戦犯法廷として利用されました。その後、1947 年にマナッセ家の末裔であるビビアン・バス氏に返却されました。当ホテルは、敷地内にプールを有するシンガポール初のホテルとして現地の歴史に刻まれました。これは、ビビアン・バス氏の革新的な発案によるものでした。

1960 年代にはグッドウッド・パークは急速に成長しました。この時期、いくつかの革新的なサービスや設備が導入されました。例としては、エアコンが整ったウッドパーク・タクシー、東南アジア最長のバー、エアコン完備のワインセラーなどがあります。1963 年、グッドウッド・パーク・ホテルはマラヤンのバンキンググループに売却され、1968 年には、銀行の前業務執行取締役である Tan Sri Khoo Teck Puat の所有となりました。当ホテルは、Tan Sri Khoo Teck Puat の娘、ホテルの現会長である Mavis Oei 氏に引き継がれ、大規模な改装・拡張工事が行われました。

グッドウッド・パーク・ホテルは、世界最高のホテルとして、改善と改良に継続的に取り組んでおります。開業以来、世界各地から多数の要人と著名人をお迎えして参りました。1989 年 4 月には、グッドウッド・パーク・ホテルの歴史あるタワーは、シンガポールの歴史的建造物保護局から文化財の指定を受けました。シンガポール歴史的建造物保護局は現在はシンガポールの国立文化遺産局と合併しています。

2010 年 9 月 21 日、 開業 110 周年式典が行われました。

オンライン予約

Best Mooncakes in Singapore 2012 at Goodwood Park

CLICK ON "BOOK HERE" & ENJOY FREE BFAST WITH DELUXE MAYFAIR ROOM!

詳細を見る