~  ホテルご予約  ~

~     ホテルご予約            ~

予約の変更

グッドウッド・パーク・ホテルの歴史、
シンガポールを象徴するヘリテージホテル

シンガポールのグッドウッド・パーク・ホテルは、他では決して体験できないラグジュアルな雰囲気が広がっています。 シンガポール在住のドイツ人達の社交クラブ「チュートニア・クラブ」として、1900年に開業しました。

その後1918年には、ユダヤ人のマナッセ兄弟の3人が買い取り、イギリスの「Duke of Richmond and Gordon」のレジデンス名に因んで「グッドウッド・ホール」と名付けられました。

グッドウッド・ホールは、レストランとカフェサービスを提供する空間として1922年に開業しました。 この年に起きた大きな出来事として、世界的なバレリーナであるアンナ・パヴロワがグッドウッド・ホールがパフォーマンスを行ったことが挙げられるでしょう。

1929年には、マナッセ兄弟がグッドウッド・ホールを「グッドウッド・パーク・ホテル」に改名し、マラヤからのビジネス旅行者へのホテルサービスの提供を始めました。 当ホテルは1930年代には、シンガポールで最も人気のあるホテルとして、エドワード8世やプリンスオブウェールズ等の高名なゲストたちの間で知られるようになりました。

第二次世界大戦が発生し、1941年にシンガポールが侵攻された際、グッドウッド・パーク・ホテルは3年間の占領期間中、日本軍の宿泊施設として利用されました。 また終戦後、当ホテルは英国の戦争犯罪裁判所として利用されていました。1947年には、この建物はマナッセ兄弟一族の元に戻りました。またグッドウッド・パーク・ホテルは、シンガポールで初めてスイミングプールを導入したホテルとしても知られています。

1960年代はグッドウッド・パーク・ホテルの人気はますます高まり、またいくつかの改装も行われました。東南アジアで最長のバーであり、エアコン完備の「グッドウッドタクシス」や、エアコン完備のワインセラーなども、この時期に建てられました。 1963年には、グッドウッド・パーク・ホテルはマラヤン・バンキング・グループに売却されました。その後1968年に、同銀行の元マネージングディレクターであるTan Sri Khoo Teck Puatが所有することになりました。 ホテルは、現在の代表で Tan Sri Khoo Teck Puatの娘である Mavis Oeiが運営に携わり始めた際に、大幅な改装を行いました。

グッドウッド・パーク・ホテルシンガポールは、世界最高のラグジュアルホテルとして、様々なサービスの向上を常に目指しています。また各国のVIPにも数多くご滞在いただいています。 1989年3月、5つ星ホテルとして高い評価を得ていたグッドウッド・パーク・ホテルは、シンガポール国立遺産局(Singapore National Heritage Board)と合併した、シンガポール歴史建造物保護委員会(Singapore Preservation of Monuments Board)により、国家文化財に指定されました。

グッドウッド・パーク

無料 WiFi Logo
グッドウッド・パーク・ホテルのお客様は、無料の室内ブロードバンドインターネットをお楽しみいただけます。